植物がある生活について

植物と一緒に暮らすとはどんなことでしょう。春の花は長く続いた冬の終わりを告げ、夏に生い茂る緑の木々は涼しい日陰をもたらせ、秋には紅葉を目で、冬でも寄せ植えなどで庭が華やぎます。このように植物は心を豊かにしてくれるのです。

春の植物と冬の植物の違い

春の植物はどのようなものか

春に植える植物はデイジーやポピー、キンギョソウやベラニウムなど赤系や黄色系の華やかな花が好まれます。春の花は比較的育てやすいという特徴もあります。

春の植物と冬の植物の違いは

春の植物と違い冬の植物は寒さに負けずにきれいな花を咲かせるという特徴があります。冬のガーデニングは何種類かの違う花を植える寄せ植えをするのが主流です。

春の植物を育てるための注意点~初心者が気を付けるべきこと~

植物

春の植物の特徴

春の植物の特徴は、長い冬を耐え忍んだ後に華やかに花が咲いたり、一気に芽吹いたりたりなどの特徴があります。樹木ではウメ、モモ、サクラ、など昔から親しまれている花をつけ、花壇ではチューリップ、クレマチス、ポーチュラカなど可憐でカラフルな花を咲かせませす。花だけではなく暖かくなって虫や雑草なども元気になる季節なので、草取りなどの手入れも必要になってくる季節です。

花

ガーデニング初心者にお勧めしたい春の植物とは

春はガーデニングを始めてみようと思う季節です。初心者にお勧めしたい春の植物にはまず「宿根草」がおすすめです。宿根草とは年越しをして毎年花を咲かせる植物を指します。一度植えるだけで何年も花を咲かせるので最初に植えた花が宿根草ならば毎年咲くごとに思い入れも深くなることでしょう。初心者にも育てやすい宿根草といえば早春に咲く「クリスマスローズ」や「プリムラ」カラーリーフなら「ヒューケラ」や「ギボウシ」などが初心者に育てやすい春の植物です。

婦人

ガーデニング初心者が陥りやすい失敗

春の植物を育てるときにガーデニング初心者が陥りやすい失敗がいくつかありますのでご紹介します。まず「水やりのしすぎ、水不足」です。本などで適度な水の量を調べておきましょう。次に多いのが肥料のあげすぎです。水同様、植物ごとに加減が違います。土が腐ってしまう場合があるので注意が必要です。初心者は防虫対策も忘れがちです。虫はその都度駆除しないとどんどん増えるので要注意です。プランターで育てる場合は鉢に入れる土の加減や、鉢と植物のバランスがとれなかったなどもありがちな失敗です。

植物

揃えておきたいガーデニング用品

春の植物を育てるときはガーデニング用具をそろえましょう。まず園芸シャベルは絶対に必要です。シャベルは別名「移植ゴテ」と言われ、土を掘り返したり植えつけをする剣先の広いものと、鉢植えの植え替えなどを行うための剣先が細いものがあります。次に水やりのためにジョウロとホースが必要です。ジョウロは蓮口が取り外しできるタイプが良いとされています。ホースも散水パターンを変えることができるタイプが良いでしょう。あとは園芸用のハサミ、園芸用のグローブなども初心者に必要な道具です。

初めてガーデニングを行なう場合には情報収集が大事!

初めてガーデニングをするときは情報収集が大切です。春の植物を育てる時に好みで選んで上級者向けを選んで失敗してしまったり、土や肥料のチョイスを間違えてしまったりなど落とし穴はたくさんあります。それを防ぐためにも園芸の本やネットなどで情報収集をしましょう。

広告募集中