さくらを育てる魅力について知ろう【春を代表する植物】

春と言えば「さくら」

春の植物の代表格といえが「さくら」です。庭の木に桜があればお花見もできますし季節の楽しみになります。和風な庭園を造るには欠かせない木でもあるのでおすすめです。

さくらと梅の花の違い

さくらとはどんな種類なのか

さくらとはバラ科スモモ属の植物で、春に薄いピンクの花を咲かせます。日本で「サクラ」といえばソメイヨシノが有名ですが、色や花弁の数や枝つきなど様々な種類のさくらが存在します。

さくらと梅の違いとは

梅も実はさくらと同じバラ科の植物です。しかし梅は春ではなく早春のころに白または濃いピンクの花をつけます。木の形状もさくらの表面は比較的凸凹がないのに対し梅は凸凹が目立つのが特徴です。

さくらを育てる魅力について知ろう【春を代表する植物】

植物

さくらの植え方

春に花を咲かせる植物であるさくらは11月中旬から12月上旬に植えるのがベストとされています。まず植穴を掘って支柱を立てます。支柱は軽く押して倒れないレベルで立てましょう。植え穴に苗木を入れて土をかけて苗木と支柱を結束します。そして最後に水鉢を作って水を入れ完成です。水は最初に必要なだけで後は水を与える必要はありません。乾燥防止にワラを敷くとよいでしょう。

花

さくらを植えるにあたっての注意点

春の植物であるさくらは秋に植えます。植える前の3時間~一晩、根に水を吸わせるようにしてください。植穴に支柱を立てますが、これは強風などで苗木が倒れないための対策です。また河津桜などの品種は支柱を立てないと枝が横に広がってしまうため補助のために必要となります。自分の庭に植えるときは、どれくらい大きくなるのかを想定して植えましょう。

庭にさくらを植えた人の声

庭

自宅で花見ができる日を楽しみにしています

自分の庭で春には桜を見たいと思いさくらを植えました。自宅のほかの植物とのバランスを考えベストな位置に植えられたと思います。春に桜が咲くのが今から楽しみです。

広告募集中