春の植物の中でも人気なゼラニウム【ガーデニングにぴったりな理由】

春の植物の中でも人気なゼラニウム【ガーデニングにぴったりな理由】

女性

春の植物「ゼラニウム」について

ゼラニウムとはフクロウソウ科の多年草です。高さは30㎝~50㎝m、ピンクや赤、ピンクと白のグラデーションなどかわいらしい色合いの花をつけます。春~初夏、秋~晩秋へ花を咲かせるため真夏と真冬に注意が必要な植物です。ガーデニング初心者でも比較的育てやすく、香りも好まれることから人気の高い植物とされています。和名は「テンジクアオイ」とも呼ばれており、その数は250種類以上も存在します。南アフリカが原産で世界にも広く分布しています。

植物

ゼラニウムの特徴

ゼラニウムはその種類が250種類もの園芸品種があると言われている植物です。あまり大きく育たないため花壇やプランターなどでの育成に適しており、春や秋に花を咲かせるため植えつけは3月~5月、9月~10月が適しているとされていますが、花ばかりがゼラニウムではありません。ローズゼラニウムやレモンゼラニウムなどハーブの一種になっているゼラニウムは別名「蚊連草」とも言い、虫よけハーブとして夏に人気のある品種です。種類が多いのでゼラニウムにはそれぞれの特徴があるようです。

ゼラニウムの品種

植物

根強い人気の普通の「ゼラニウム」

いわゆる普通の「ゼラニウム」は今も昔も人気が高い品種です。ほぼ一年中花が咲きますが、春に花を咲かせたい植物としても人気があります。

華やかなキャンディボール

八重の花が丸くキャンディの束のように咲くキャンディボールは春にぴったりな色合いから人気のある植物です。フォトジェニック系植物としても知られあらゆる人のSNSをにぎわせています。

葉が香るセンティッドゼラニウム

葉の形に特徴があるセンティッドゼラニウムは花よりも葉に人気のある植物です。品種によってもそれぞれに香りに違いがあり、ハーブの一種として春夏とわずに育てていることもあります。

広告募集中